HOME > 業務用のお客さま > 工業炉・バーナ

工業炉・バーナ

省エネ性や利便性にすごれた都市ガス工業炉

都市ガスは、工業炉用エネルギーとして広く利用されています。
天然ガスを多くのお客様にご採用いただいている理由には、天然ガスの持つ優れた特性があるからです。

  • 1. 工業炉の紹介 都市ガスの特性による利便性・クリーン性・高効率などご紹介
  • 2. 工業炉の種類 低コスト・省エネを考え、さまざまなニーズに応えた工業炉をご紹介
  • 3. 高効率バーナのご紹介(リジェネレーティブバーナ)
  • 4. バーナ展示炉のご紹介 各種バーナを展示し、燃焼実演を実施しています
  • 5. 展示・テスト用炉設備のご紹介 リジェネレーティブバーナの採用など省エネに優れた工業炉をご紹介

工業炉の紹介

都市ガス工業炉の特長

○利便性

安定な燃焼が得やすく、点火、消火の自動化が容易であり、目的に応じて、均一加熱、幅射加熱、対流加熱、高負荷燃焼、雰囲気利用などの対応が可能です。また、都市ガスは比重が空気より小さいため、ピットなどへ滞留する危険性が低く、また、着火温度が高いため、安全性という点からも扱い易いといえます。

○クリーン性

天然ガスには、硫黄分は存在しないため、石油系燃料のように脱硫の必要はありません。また酸素との反応が速く、完全燃焼するため、不完全燃焼による未燃分などの発生が少ないといえます。また、燃料中に油分を含まないため、配管系統におけるバルブの閉塞は無く、汚れも少ないため、取り扱い環境は良好です。

○高効率

わずかな過剰空気で完全燃焼するため、燃焼効率が高く、燃焼範囲の広さから無駄焚きの低減も可能です。電力が利用端における1次エネルギー効率が約40%でしかないのに比べて、蓄熱型燃焼(リジェネレーティブ)バーナを用いれば80%以上というきわめて高い温度効率で利用可能です。

都市ガスの利用用途温度域

都市ガスの利用用途温度域

工業炉の種類

工業炉において、消費エネルギーを低減するためには、最大の熱損失である排気損失を減少させることがもっとも効果的で汎用的な手段です。当社では、さまざまな工業用炉設備と都市ガスバーナを展示・実演しています。また、一部炉設備は実証試験が可能です。お気軽にご相談ください

乾燥炉

繊維の乾燥・塗装の焼付乾燥・印刷の乾燥等の製品を良く乾燥させるためには、燃料のもつエネルギーを直接製品に伝える必要があります。都市ガスの燃焼排ガスは、ばいじんを含まず、また硫黄分もほとんど含まないため、直接製品に接しても仕上がり結果には影響がなく、効率よく乾燥できます。

金属熱処理炉

金属材料に熱処理を施すと、硬さや強さなど、熱処理をする前とはまったく異なった性質をもった金属に生まれ変わります。自動車部品、工場の生産機械から家電製品に至るまで、私たちの身の回りには、熱処理を施された金属材料を使用した製品がたくさんあります。

金属加熱炉

金属材料を適当な温度に加熱すると、弾性を失い、粘りを増して、延性や属性が増加します。このような状態を塑性のある状態といいます。圧延や鍛造などの塑性加工を行うために、金属を加熱する炉を金属加熱炉といいます。

溶解炉

金属は加熱や溶解により、アルミサッシ、台所用品、家電製品部品、自動車部品などさまざまな形に加工されます。都市ガスはこのような溶解分野において、各々の用途に応じて炉形状やバーナにさまざまな工夫を重ねることにより利用されます。

ガラス・窯業炉

他の工業炉に比べて炉内温度が高い為、製品に占める燃料コストの割合が高くなり、従来からガラス・窯業炉の焼成炉の燃料としては比較的燃料単価の安い重油が多く使われてきました。しかし、最近になって環境面や操作面でのニーズの加えて、高性能の都市ガスバーナの開発により、徐々に都市ガス燃料にかわりつつあります。

環境機器

近年、産業廃棄物の処理に対する世論の関心の高さや大気汚染防止法・悪臭防止法等の規制強化により、各企業でも環境対策は極めて重要な課題となっており、都市ガスを利用した各産業廃棄物に対する環境対応システムへのニーズも高まっています。

食品加工機器

私たちの豊かな食生活を支えている食品加工分野においても、都市ガスはそのクリーン性、安全性及び操作性などに優れていることから幅広い用途に利用されています。

高効率バーナ(リジェネレーティブバーナ)のご紹介

リジェネレーティブバーナは、高い排熱回収率が得られる長所があります。当社で展示・実演しているシステムは、蓄熱器2台でガスノズル1台を共有しています。一方の蓄熱器が燃焼空気を供給している間、もう一方の蓄熱器は排ガス口の役割を果たします。排ガスは蓄熱器で結露しない温度まで排熱回収され大気に排出されます。燃焼空気は蓄熱器で受熱し、超高温(排ガスの80%以上)に予熱されバーナに供給されます。所定のサイクル時間が経過すると、高温空気供給と排気が切り替わります。

展示実演
バーナ制御原理
※クリックすると、拡大して見られます。