コンプライアンスの推進
西部ガスグループコンプライアンス方針

SDGsとの関連
  • 8.働きがいも 経済成長も

西部ガスは、コンプライアンスを「お客さまをはじめとした利害関係者(ステークホルダー)のご期待に応えること」と捉え、「西部ガス企業行動指針」に則り、あらゆる企業活動においてコンプライアンスを最優先することを徹底しています。

西部ガスグループコンプライアンス基本方針

西部ガスグループは、お客さまへの安全・安心に裏打ちされた快適な暮らしの提供、社会の一員としての地域社会や地球環境保全への貢献、株主さまをはじめとするステークホルダーからの信頼の確保を信条とし、下記の基本方針に基づきグループコンプライアンスの推進に取り組みます。

1. コンプライアンス意識の醸成

全ての役員及び従業員が、日々の業務においてコンプライアンスを重視した判断・行動を行い、倫理観に富んだ企業風土を確立する。

2. 主体的な取組の実践

西部ガスグループコンプライアンス委員会が策定する基本方針のもと、グループ各社がそれぞれの事業内容・特性に応じた主体的かつ具体的な行動計画を策定し実践する。

3. コンプライアンスPDCAサイクルの確立

有効かつ効率的なコンプライアンス活動を続けていくために、コンプライアンスの視点でPDCAサイクルを構築し実践する。

コンプライアンスPDCAサイクルの確立