CSRホームページ制作にあたって

CSRのホームページ制作にあたって、下記の期間、範囲を対象としています。

対象期間
2017年4月〜2018年3月を基本とし、一部2018年情報を記載しています。
対象範囲
西部ガス及びグループ会社12社の活動を対象の基本とし、コンプライアンスの推進については連結会社全般を対象としています。

※グループ会社12社(環境データを収集し、当社のCSR活動に影響の大きい会社)

西部ガスエネルギー、西部ガス興商、西部ガスリビング、西部ガス情報システム、西部ガス・カスタマーサービス、ひびきエル・エヌ・ジー、西部ガステクノソリューション、西部ガスライフサポート、九州ガス圧送、大牟田ガス、久留米ガス、筑後ガス圧送

参考にしたガイドライン

  • (一財)日本規格協会「ISO26000」
  • 環境省「環境報告ガイドライン(2018版)」

2017年度を中心に各種取り組みを5つの重点課題に則して報告します。

各種活動と「持続可能な開発目標(SDGs)」との関連を、各種活動の紹介ページにSDGsのアイコンを設置して示しています。