HOME >> よくあるご質問 >> ガス機器に関すること:機器のランニングコストや特徴
よくあるご質問
ガス機器に関すること
ガスコンロ

「Siセンサーコンロ」とは何ですか?

全口に安心センサーを搭載したコンロの総称です。
「Siセンサーコンロ」は、Safty(安心)、Support(便利)、Smile(笑顔)を約束する、intelligent(賢い)センサーが搭載されたコンロのことです。
Siセンサーコンロには「あげルック(天ぷら油過熱防止装置)」「立ち消え安全装置」「消し忘れ消火機能」「早切れ防止機能」が搭載されています。

ガラス天板は、割れる心配はないですか?

ガラス天板は十分な強度のある結晶化ガラスを用いており、通常調理にお使いいただく分には割れる心配はありません(水、お湯を垂らす、鍋を置くなどは心配ありません)。
ただし、アイスピックのような先の尖ったもので強くたたきつけたり、高いところから鍋を落としたりすると割れる場合がございます。
また、金ダワシや固いものでこすると傷になる場合がありますのでご注意ください。

IHを検討しているが、ガスコンロの特長やIHとの違いは何ですか?

IHクッキングヒーターと比較した際のガスコンロの主な特長は以下のとおりです。
  • ・作る料理に適した形状や材質の鍋を使うことができるので、いつもの使い慣れたお鍋が使えます。
  • ・炎が鍋底と鍋肌を均一に加熱することができます。
  • ・コンロ3口とグリルを同時に最大火力で使うことができます。
  • ・両面焼きグリルの温度上昇が早く、庫内を素早く高温にできます。
  • ・ガスコンロは、乾電池のみで使用できる機種がほとんど。電源を必要としません。
となっています。

ガスコンロでできる節電はありますか?

調理方法を電気からガスに変えると、節電につながります。
例えば、
  • ・電気ポットでお湯をわかす
    ガスコンロでお湯を沸かす【900W/台の節電】
  • ・電子炊飯ジャーでごはんを炊く
    ガスコンロでごはんを炊く【1,200W/台の節電】
  • ・トースターでトーストを焼く
    ガスコンロのグリルでトーストを焼く【900W/台の節電】
  • ・電子レンジで天ぷらを温め直す
    ガスコンロのグリルで温め直す【1,450W/台の節電】
上記により、約4,450Wの節電になります。