HOME >> よくあるご質問 >> ガス設備に関すること:古いガス管の取替のお勧め
よくあるご質問
ガス設備に関すること
古いガス管の取替のお勧め

敷地内のガス管が古いので取替工事を勧められたが、必ず工事をしなければならないのですか?

敷地内に埋設された古いガス管は、長い間経過すると腐食が発生しガス漏れを起こす可能性があります。古いガス管からの腐食漏えいを未然に防止し、安心してガスをご使用していただくため、当社では新しいガス管へのお取替えをお勧めしています。今回当社がお勧めする新しいガス管は、腐食に強く、かつ耐震性に優れたポリエチレン管やポリエチレン被覆鋼管等を使用しますので、この機会にぜひお取替えをお勧め致します。

なぜ、ガス管が腐食するのですか?

昭和50年代半ばまでは、鋼管の上に亜鉛メッキを施したいわゆる白ガス管が一般的に使われていました。この白ガス管を土の中に埋設しますと、土の性質や水分などの影響にもよりますが、年数の経過とともに、鋼管が腐食していきます。現在、埋設部分には、ポリエチレン管や鋼管の表面をポリエチレンやプラスティックで被覆した管などを使用していますので、腐食の心配はありません。

ガス管の資産区分はどうなっているのですか?

道路に埋設されているガス管(本支管、供給管)はガス事業者の資産であり、お客さま敷地内のガス管は、お客さまの資産です。ただし、お客さま敷地内に設置してある取引用ガスメーターはガス事業者の資産です。ガス管の資産区分については、こちらをご覧ください。

取替工事の費用は、自己負担ですか?

お客さまの敷地内に埋設しているガス管は、お客さまの財産です。従って、取替工事の費用は、お客さまがご負担することになります。

ガス管の種類とその寿命について教えてほしい。

現在、当社では改善工事に使用されるガス管はポリエチレン管、被覆鋼管、白ガス管、フレキ管とありますが、設置する環境(露出、埋設、屋内、屋外等)に応じて最適な材料を選定しています。なお、埋設部については腐食に強く、かつ耐震性に優れたポリエチレン管等を使用していますので、改善工事後のガス管については、特別の事情が無ければ建物寿命と同程度と考えています。