ご家庭のお客さま > ヒナタくらしサービス > よくあるご質問

ヒナタくらしサービス

よくあるご質問

ヒナタくらしサービスについて

料金について

見積もりについて

申込みについて

すまいのメンテナンスについて

家事サポートについて

ハウスクリーニングについて

水まわり緊急サービスについて

くらしの安心安全サービスについて

省エネ診断について

リフォームについて

ヒナタかけつけサービスについて(ヒナタくらし倶楽部会員限定サービス)

Q

かけつけサービスに申し込める条件は?

A

「ガス機器かけつけサービス」は、弊社の都市ガスをご使用の家庭用のお客さま、「住まいのトラブルかけつけサービス」は、弊社が都市ガスを供給するエリアにお住まいの家庭用のお客さまを対象としています。いずれも西部ガスヒナタくらしサービスの会員組織「ヒナタくらし倶楽部」への入会が必要です。

Q

申込みはどのようにすればいいの?

A

西部ガスのホームページより申込みください。または、ヒナタくらしサービスコールセンターへご連絡ください。

フリーダイヤル:0120-783-110

Q

かけつけサービスが無料で利用できる条件は?

A

新料金のヒナタメリットにお申込みの方、既存の選択約款(ホームメリット、ホットメリット、ヒーポンメリット、マイホーム発電メリット)をご利用の方が申し込まれた場合、「ガス機器かけつけサービス」は条件を満たせばずっと無料、「住まいのトラブルかけつけサービス」は2年間無料でご利用いただけます。

Q

「ガス機器かけつけサービス」は、ガス機器ならどのようなものでも対応できるの?

A

修理に必要な部品の入手が困難、型式が不明など、修理対応が不可能な場合はご利用いただけません。

Q

西部ガスでガス機器を購入していないけど、「ガス機器かけつけサービス」の利用はできるの?

A

弊社および関係会社で購入されていないガス機器でもご利用できます。

ページトップへ

ヒナタくらしサービスについて

Q

ヒナタくらしサービスって何?

A

キッチン、お風呂周りのことはもちろんクロス、フローリングの手直し、お掃除、大規模リフォームまでくらしに関することなら何でもやっています。お客さま一人ひとりのすまいのあらゆるお悩み事に耳を傾け、快適で幸せなくらしづくりをお手伝いいたします。いつもお客さまのそばでくらしを見守っていたい。それが西部ガスのヒナタくらしサービスです。

Q

受付時間は何時から何時まで?

A

午前9:00〜午後20:00(年末年始を除き)まで受け付けております。
※水まわり緊急サービスは24時間受付ております。

Q

サービスの品質は大丈夫ですか?

A

サービス内容に応じて当社もしくは提携会社企業の専門スタッフがしっかりと対応します。その道のプロが対応いたしますのでサービスの品質には自信があります。また定期点検などのアフターサービスも充実しています。

Q

お得なサービスはありますか?

A

会員制度「ヒナタくらし倶楽部」にご入会いただくと「くらしに関わるお得な情報」や「お得な特典」を受けられます。入会金・年会費は無料ですのでこの機会にぜひご入会ください。詳しくはこちらをご覧下さい。

Q

サービス対応地区は?

A

サービスによって対応地区が異なりますので詳しくはサービス詳細ページをご覧ください。

Q

西部ガス利用者以外も使えるの?

A

はい。どなたでもお使いいただけます。ただし対応できないエリアがございますので、詳しくはサービス詳細ページをご覧ください。

ページトップへ

料金について

Q

支払方法は?

A

現金支払いまたは銀行振り込みとなっております。
※ハウスクリーニング・家事サポートは銀行振り込みのみとなります。

Q

料金体系は?

A

サービス内容に応じて料金が異なりますのでそれぞれの詳細ページをご覧ください。

Q

予算に合わせてサービスを頼める?

A

お客さまとしっかりお話をさせて頂き、ご予算に合わせてできるサービスをご提案させて頂きます。

ページトップへ

見積もりについて

Q

見積もりをお願いしたいけど料金はかかりますか?

A

お見積りは無料にて行っております。またご相談なども承っておりますのでお気軽にお申し付けください。
※水まわり緊急サービスは出張費を頂きます。

Q

見積もりだけでも依頼できますか?

A

はい、ご依頼いただけます。他社さまと比較していただいた上、ご納得頂けましたらお申し込みください。

Q

家に来て見積もりしてもらえますか?

A

まずはお電話にて内容確認、その後希望の日時に合わせて担当者がお伺いしお見積りいたします。

ページトップへ

申込みについて

Q

申込み方法は?

A

お電話やインターネットからお申込みいただけます。
電話番号は0120-783-110 webでの申し込みはこちらから

Q

ちょっとしたことでも頼めるの?

A

はいできます。例えば電球1個の交換など小さなことでもお気軽にお申し付け下さい。

ページトップへ

すまいのメンテナンスについて

Q

すまいのメンテナンスってどんなサービスですか?

A

家の傷んだ部分を直したい方におすすめのサービスです。網戸の張り替えやフローリングの傷の補修、壁紙の部分補修、室内ドアの調整など、小さなことから対応させて頂きます。詳しいサービス内容はこちらをご覧ください。

Q

料金の目安は?

A

例えば、室内ドア・扉の調整や、電球の取替や水栓の漏れ、水量調整やリモコンの電池交換など、30分以内の作業であれば2000円(出張費込み)で対応させていただきます。1時間の場合は4000円で対応させていただきます。
※サービス内容に応じて料金が異なりますのでそれぞれの詳細ページをご覧下さい。
※部品や部材が必要な場合は別途見積りとなります。

ページトップへ

家事サポートについて

Q

家事サポートってどんなサービスですか?

A

忙しくて家事になかなか手の回らなかったり、休日をゆっくり過ごしたい方に対して掃除、洗濯、料理、買い物、お庭のお手入れなどサポートさせていただくサービスとなっております。詳しいサービス内容・料金はこちらをご覧ください。

Q

対応地区は?

A

福岡地区・北九州地区のみの対応となっております。

Q

定期的に頼めるの?

A

  • 定期利用:隔週1回以上1回2時間」4700円
  • 「スポット利用1回3時間から」12000円〜
  • 「お試しトライアル1回2時間4980円

の3つからお選びいただけます。
※別途1日につき900円/人の交通費を頂きます。

ページトップへ

ハウスクリーニングについて

Q

ハウスクリーニングって何をしてくれるの?

A

エアコンやレンジフード、キッチンやバスルームなど家の中の気になる所をピカピカに致します。あきらめていた頑固な汚れや手の届きづらい汚れにお困りの方におすすめです詳しいサービス内容・料金はこちらをご覧ください。

ページトップへ

水まわり緊急サービスについて

Q

水まわり緊急サービスって何?

A

トイレが詰まってしまった、蛇口の水漏れが止まらないなどと言った突然の水まわりトラブルをスピーディーに解決するサービスです。
詳しいサービス内容・料金はこちらをご覧ください。

Q

急なトラブルでも受付してもらえるの?

A

24時間365日受付しております。

ページトップへ

くらしの安心安全サービスについて

Q

見守りかけつけって何をしてくれるの?

A

毎日のくらしを見守る「安否確認」や「駆けつけ」を複合させた新しいかたちのライフサポートサービスです。高齢者をはじめとした家族の安心を守ります。詳しいサービス内容・料金はこちらをご覧ください。

ページトップへ

省エネ診断について

Q

eごこち診断って何をするの?

A

診断員が専用タブレットを使って、ご家庭に合った光熱費の節約ポイントをご提案させていただきます。詳しいサービス内容はこちらをご覧ください。
※西部ガスの都市ガス利用のお客さまに限ります。

Q

料金はかかりますか?

A

無料でさせて頂きます。

ページトップへ

リフォームについて

Q

プランをしてもらうだけでも、費用はかかるのでしょうか?

A

特殊な場合を除いて、基本的には無料でのケースが多いようです。ただ、どこまでが無料なのかを最初に確認しておいたほうが、お互いに安心して相談が出来ると思います。

Q

うちは築20年以上経っているのですが、リフォームする価値はあるのでしょうか?

A

最近は、環境問題を考慮して、建て替えではなくリフォームを望まれる方が多くいらっしゃいます。愛着のある我が家を、どんなふうに変えたいかを考えてみることも良いことだと思います。建物の価値は、住んでいる方の考え方で大きく変わってくると思います。

Q

新築とリフォームの大きな違いは何ですか?

A

新築の場合は、全く新しい家が出来あがりますので、満足を手に入れることは可能ですが、費用もそれなりにかかります。一方、ライフプランに合わせて、必要な箇所を便利で快適に変えるのがリフォームです。

Q

悪徳業者が多いので、リフォームをどこに頼んでよいか分かりません。業者選びの目安は何ですか?

A

リフォームをする場合、イメージや予算などの条件が固まったら、業者を選択しなければなりませんが、では設計・施工をどこに頼んだらよいのか迷う方も多いと思います。
その際、気をつけてほしい点があります。

  • 見積書がいい加減。
  • 「安くて早いから」などと言って契約を急がせる。
  • 自分で施工せずに下請けまかせにする

このような業者には十分気をつけてください。

なお、業者を選定する際の目安としては

  • 1. 過去の実績を参考にする。
  • 2. 建築士やインテリアコーディネーターなど有識者がいる。
  • 3. 比較検討できるよう、複数の業者から見積もりをとる。

があります。ぜひ、参考にされてください。

訪問販売に関わるトラブルの特徴
  • 工事内容が、外壁・屋根などの外部からも見える部位のリフォームが多い。
  • 勧誘の仕方が巧妙で強引、なおかつ契約を急がせる。
  • 相場に比べて工事費が高いにもかかわらず、粗雑な手抜き工事。
  • 被害者には、適正な判断能力に欠ける高齢者が多い。

訪問販売での悪質リフォームの被害にあわないよう、契約する前に業者選定の目安である1〜3を考慮した上での判断が大切です。

Q

自宅に住みながら、リフォーム工事はできますか?

A

リフォームの場合は、在宅での工事が多いようです。建物全体をリフォームする場合でも、一度に全てではなく、工事を分散して行うことで、住みながらの工事が可能です。注意点として、工事中の防犯上の問題が生じやすいので、その点については特に施工業者との打ち合わせを十分行う必要があります。

Q

高齢者向けの住まいについて気をつけるポイントは何でしょうか?

A

いつまでも自立した生活を送るためには、水まわりがポイントになります。大きく分けると、浴室・脱衣所のお風呂まわり、そしてキッチンまわりです。
まず、お風呂まわりで気をつけるポイントは5つです。

  • 1. 寒さ対策の暖房器具や換気扇などが取り付けられていますか?
  • 2. 浴槽の縁までの高さは、洗い場から40〜45センチ以内で、入りやすくなっていますか?
  • 3. 水栓金具は、使いやすいタイプですか?
  • 4. 床は滑りにくい材料が使用されていますか?
  • 5. 手すりがついていますか?

また、洗面所は、洗面、衣服の着脱、洗濯など、様々な生活動作が行われる場所であり、家事動線のポイントになります。よって、キッチンとの配置関係にも注意したいところです。家事がスムーズに行える、便利なレイアウトを心がけましょう。

次に、キッチンについてのポイントは、4つです。

  • 1. カウンターは、調理のしやすい高さになっていますか?
  • 2. 家事をする場所は、十分な明るさがありますか?
  • 3. 水栓金具は、使いやすいタイプですか?
  • 4. 設備類の安全性はきちんと確保されていますか?危険な場所はありませんか?

なお、立ったままの家事に対する体への負担を考慮し、最近では調理や片づけを無理なく行えるように、椅子に座って作業できるタイプのキッチンもあります。

Q

マンションリフォームを成功させる秘訣は何ですか?

A

マンションは、一棟の建物に多くの住宅が集まっているため、一戸建ての場合とは違う色々なルールがあります。このルールに乗っ取ったリフォームを行うことが、成功の秘訣といえるでしょう。
マンションに関する主なルールをご紹介します。

マンションに関する主なルール
  • 管理組合への届け出と承認
    リフォームの計画ができたら、最初にすることは管理組合への届け出です。承認されれば、計画の内容が、管理規約に合っているかどうかのチェックを受けます。
  • 共用部分は、勝手にいじれません。
    各戸の外の廊下・ベランダ・階段・エレベーターなど、共用部分は、個人が勝手にいじることはできません。
  • 専用部分とは?
    玄関のドアの内側から浴室、トイレ、キッチン、居室など、ベランダの手前までのスペースが専用部分です。管理規約に合う範囲内でのリフォームが可能です。
  • 床・壁は「週間工程表」を作ってもらいましょう。
    床や壁は、はがしてみないと分かりません。実際はがしてみると、図面では分からなかった問題が出てくることがあります。業者は何らかの対処をしてくれますが、時には工事期間が延びることもありますので、工程表と同時に、細かく工事内容が記入されている「週間工程表」を作ってもらえば便利です。
  • 近隣の方々への配慮をお忘れなく。

Q

地震対策って、具体的にはどんなことをすればよいのでしょうか?

A

地震はいつ起こるか分かりません。日頃から最低限の備えは必要です。
主な地震対策をご紹介します。

主な地震対策

  • 筋かいなどの入った耐力壁の配置は、建物を地震から守る上で最も大切なものです。土台、柱、桁または梁から外れないように、釘や金物でしっかり留め付けることが必要です。
  • ブロック塀
    高くて長いブロック塀や石塀は、見かけは頑丈でも安全性に欠けているものあります。また、地震のときにブロック塀が倒れて事故となることがあるので、高さによっては、控え壁を設けるなどの対策が必要です。
  • 家具類
    タンス・棚など背の高い家具類は、転倒しないように壁に金具で留め、家具の置き方にも注意しましょう。
    現在、500余りの市町村が、耐震診断に補助金制度を設けたり、技術者を派遣しているので自治体に問い合わせてみるのもいいでしょう。

ページトップへ

●回答者:篠原 章次

福祉環境デザイン 一級建築士事務所 代表

設計監理・講師、講演活動、住宅の新築、改築(高齢者・障害者・一般向け)の設計監理、施設・病院等の設計監理、集合住宅等の設計監理

九州職業能力開発大学校 応用課程・専門課程 非常勤講師/東筑紫短期大学校 保育学科専攻科 非常勤講師/西南女学院大学 福祉学科 非常勤講師/福岡工業大学短期大学部 非常勤講師/淵上医療福祉専門学校 非常勤講師/北九州市立年長者研修大学校 講師/福岡県社会福祉協議会 講師/福岡県地域介護実習・普及センター 講師/福祉用具プラザ北九州 講師/山口県地域介護実習・普及センター 講師/大分県社会福祉介護研修センター 講師/麻生教育サービス 講師/日建学院 北九州校 設計製図 主任講師/NPO法人 AABC 社員