ご家庭のお客さま > 食と暮らし > & and > みんなの広場

& and
HOME
トピックス 取材こぼれ話 &andレシピ ショップ情報 「とっておき」地元グルメ 九州は、ウマイ! ツールドニッポン みんなの広場
みんなの広場

新しい生活のスタートがうれしくもあり、
少し切なくもある、桜の季節。
これからの毎日がよいものとなりますように。

&and163号の感想

◎特集「お正月はわが家でおせち」

主人の転勤で、九州で初めてのお正月。丸餅も初めて見るし、特集の”欠かせない一品“を見ても初めてのものばかりでビックリしました。

福岡市 R・O 34歳

何気なく食べていたけれど、ひとつひとつにきちんと意味があるという、日本の心を知りました。

福岡市 K・T 33歳

母が好きだったものや自分が好きだったものを姉妹で語り合いながら、亡き母をしのんで作るのがわが家のおせちです。

熊本市 M・M 41歳

◎ツール・ド・ニッポン「小倉織の風呂敷」

生まれも育ちも北九州なのに小倉織を初めて知りました。 

北九州市 Y・H 38歳

先人の仕事と、現代にマッチする斬新なデザインに惹かれました。

熊本市 Y・T 69歳

◎九州はウマイ!「九州の魚はなぜおいしい?」

県外から来たので、生のサバを食べることにびっくり!

北九州市 H・A 45歳

転勤してきた友だちはみな「魚がおいしい」と言います。当たり前だと思っていましたが理由があるのですね。魚大好きの息子と読んで勉強になりました。

福岡市 R・N 40歳

新鮮な魚が食卓に上る九州。恵まれていますね。

◎料理男議「どう残す?日本の行事食」

男性からの目線でのこだわりやコメントをおもしろく拝見しました。

熊本市 T・F 57歳

◎のんびりトコトコ街歩き「長崎市・眼鏡橋界隈」

以前、ランタンフェスティバルの時に『かんざき食堂』で定食を食べました。おみそ汁がおいしくて身体が温まりました。

福岡市 A・K 33歳

最近のできごと

卵の大量消費のために巨大プリンを作りました。お皿にひっくり返すときのドキドキと成功したときの喜びは、ちょっとしたイベントのようで楽しかったです。

福岡市 M・N 28歳

男らしさにこだわりだした息子。サンタさんへのお願いには、男らしい下着(お兄ちゃんやパパのようなボクサーパンツ)と男らしい靴下(くるぶしまでの靴下だけど、絵柄ではなくスポーツブランドかしましまで)と大きく書いております。

福岡市 N・N 42歳

息子が幼稚園から帰ってくるたびに、「お母さん今日は何かいいことあった?」と聞いてくるようになりました。そして、自分が楽しかったことやうれしかったことを話してくれます。息子にとっては、小さなことでも「大切ないいこと」なんだなぁと教えられている気がして、私もいいこと探しを頑張っています。

福岡市 K・T 39歳

前を歩いていた、かわいいベレー帽をかぶったおじいさんとおばあさん。おばあさんが転びそうになったその後、仲良く手をつないで歩いてました。ほほえましくうれしい気持ちになりました。

福岡市 N・U 40歳

小学6年生の息子が私の誕生日にクッキーとケーキを作ってくれました。全工程を一人でやったので感動。自分で料理を作るということは自立の第一歩なのだと気づきました。何よりの誕生日プレゼントになりました!

長崎市 S・N 45歳

嵐のコンサートへ行きました。同世代のアイドルが努力し続け輝いている姿に刺激を受けます!

福岡市 N・Y 29歳

ランニング仲間とリレーマラソンに参加します。最高年齢75歳から最年少15歳まで。みんな笑顔で走っています。

S・M 45歳

掃除機をかけていると、3歳の娘が突然「パパ〜!妹(6カ月)が掃除機に吸い込まれちゃうから上にあげて〜」と叫びました。自分はおもちゃが吸い込まれないよう手にたくさん抱えていて、笑えました。

福岡市 A・M 34歳

熊本に住む母が遊びに来ました。私が福岡に嫁いで距離は遠くなったけれど、なぜか心の距離は近くなったような気がします。これからもっと親孝行がしたいです。

福岡市 R・H 39歳

■&andでは皆さまからのおたよりをお待ちしています。
誌面の感想や最近のできごと、自慢のレシピやオススメの本・CD・DVDなど、下記フォームよりお送りください。
■&andにご登場いただけるご家族を募集します!
ご家族のお名前(お子さんの学年)、住所、電話番号を明記して編集室までご応募ください。
採用されたご家族には、編集室よりオリジナルグッズをプレゼントいたします。

ご意見・ご感想は、お問合わせフォームから。 または、&and編集室へ。