印刷

「第2回 働きやすく生産性の高い企業・職場表彰」における
『優秀賞(職業安定局長賞)』の受賞について

平成30年2月22日

 西部ガスは、平成30年2月21日(水)、厚生労働省が主催する「第2回 働きやすく生産性の高い企業・職場表彰」の大企業部門・優秀賞(職業安定局長賞)を受賞しました。
 本表彰は、企業における生産性向上と雇用管理改善(魅力ある職場づくり)の両立の取り組みを推進するため、昨年度から実施されているものです。
 弊社は、この受賞を励みにして、これからも生産性向上を目指した「働き方改革」と、多様な人材がイキイキと活躍する環境を目指した「ダイバーシティ」を推進し、“働きやすく・生産性の高い職場づくり”の実現を通じて、更なるお客さまサービスの向上と快適な暮らしづくりに努めてまいります。

  1. 【受賞理由】
    1. 企業内で「しごと Re:フォーム推進活動」を掲げ、全社一丸となって業務プロセスの見直しを実施することにより、時間外労働の削減を実現した。また、女性の活躍推進、両立支援、ワークライフバランスの拡充など働きやすい環境整備を地道に行い、育児等での離職者ゼロを実現。

  2. 【ポイント】
    1. ★働き方の見直しにより、全社で時間外労働を平成23年(2011年)からの5年間で約25%削減
    2. ★女性の活躍推進による女性管理職の増加、キャリアと育児の両立支援による育児休業利用者の100%復帰を実現
    3. ★高年齢者の活性化のための処遇改善や評価制度改定による意識変革の実施
    4. (厚生労働省ウェブサイトより)
  • ※弊社が平成23年度より取り組み始めた生産性向上活動。「業務そのものの見直し」「仕事の進め方の見直し」「マネジメント・労務管理」を取り組みの3本柱とし、生産性を向上させ、会社の業績向上と社員のワーク・ライフ・バランスの実現を共に満たすことを目的としている。

≪ご参考≫

「働きやすく生産性の高い企業・職場表彰」について

  1. 1.審査基準
     本表彰では、以下の評価項目が審査基準とされています。

    1. ■労働生産性向上(付加価値向上と効率化)※1
    2. ■雇用管理改善(働きやすい・働きがいのある職場づくり)※2
    3. ■経営理念(方針の策定・浸透)
    4. ■組織成果(組織への好影響)
    5. ※1:労働生産性(従業員一人あたりの付加価値額)=付加価値額/従業員数
      一人ひとりの働きによって生み出される成果
    6. ※2:働きやすい、働きがいのある職場を実現するための採用・配置・人材育成、評価・処遇、
      ダイバーシティ推進、安全衛生、健康管理、福利厚生、労使コミュニケーション等の人事施策

  2. 2.関連情報
    1. ■働きやすく生産性の高い職場のためのポータルサイト
        http://koyoukanri.mhlw.go.jp/
    2. ■厚生労働省プレスリリース(厚生労働省ウェブサイト)
        http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000194168.html
    3. ■表彰式・シンポジウム詳細(厚生労働省ウェブサイト)
        http://koyoukanri.mhlw.go.jp/symposium/symposium.html

以 上