印刷

「令和2年度 バーチャルパワープラント構築実証事業」への参画について

2020年6月1日

 西部ガスは、このたび、経済産業省が実施する「令和2年度 需要家側エネルギーリソースを活用したバーチャルパワープラント※1(以下、VPP)構築実証事業費補助金/VPPアグリゲーター事業(以下、本実証事業)」に参画します。

 西部ガスは、株式会社エナリス(社長:都築実宏、本社:東京都千代田区、以下「エナリス」)を幹事企業とするコンソーシアムに参加し、当社及び当社グループで保有するガスコージェネレーションシステム※2や家庭用蓄電システムなどを連携して、電力の需給調整に活用する実証を行います。
 当社は、本実証事業において高度なエネルギーマネジメント技術により、自家発電機等のエネルギーリソースを遠隔・統合制御して、調整力市場の商品メニュー要件に基づいた制御を行うことで、当該技術の確立や、エネルギーリソースの拡大に繋がるアグリゲ―ションビジネスモデルの確立を目指していきます。

 西部ガスは、今後もイノベーションの推進を図り、お客さま先のエネルギーリソースを活用した新たなサービスによる付加価値の提供に努めてまいります。

※1 情報通信技術等により、分散するエネルギーリソースを統合的に制御し、あたかも一つの発電設備のように機能する仮想発電所
※2 都市ガスを燃料に発電し、同時に発生する熱エネルギーを空調などに利用するシステム
【実証の概要】
実証期間  2020年5月29日〜2021年2月17日
役割分担  ・エナリス:アグリゲーションコーディネーター
 ・西部ガス:リソースアグリゲーター
エネルギーリソース(予定)  ・ガスコージェネレーションシステム 2台
 ・空調機 1台
 ・エネファーム 1台
 ・家庭用蓄電システム 1台
主な実証内容  三次調整力制御の検証※3

◎ エナリスを幹事企業とするコンソーシアムの概要、及びVPPのイメージについては 別紙をご参照ください。
※3 三次調整力は、需給バランス調整のために、一般送配電事業者の指令を受けて活用されるものです。今回、エネルギーリソースを活用して、本実証事業の共通実証の要件に基づき、実証試験を実施することで、三次調整力の提供が可能かどうかを検証します。

以 上