印刷

子会社への不動産賃貸事業の集約と拡大について

2020年7月29日

 西部ガスは、不動産事業の強化を目的として、主に不動産賃貸事業の用に供する不動産の新規取得、開発などの業務について、10月1日から子会社の西部ガス興商株式会社(以下、「西部ガス興商」)に機能を集約のうえ、事業拡大を推進します。
 また、これに伴い、西部ガス興商は10月1日付で「西部ガス都市開発株式会社」(以下、「西部ガス都市開発」)へ商号変更します。

 西部ガスグループ中期経営計画「スクラム2022」では、ガスエネルギー事業をグループの中核としつつ、グループのさまざまな事業とのシナジーが期待できる不動産事業をガスエネルギー事業に次ぐ収益の柱として成長させることを掲げています。今回、不動産賃貸事業を主要事業とする西部ガス都市開発に業務を集約することにより、機能と業務の重複を整理し、ノウハウを集約することで不動産事業の成長を加速させていきます。

 西部ガスグループは、不動産賃貸分野の事業の統合により、収益の拡大と一層の経営効率化を図り、「スクラム2022」で掲げる「お客さまから圧倒的な信頼をいただくエネルギーとくらしの総合サービス企業グループ」を目指して、積極的な取り組みを続けてまいります。

【西部ガス都市開発株式会社の概要】
会 社 名 西部ガス都市開発株式会社
(西部ガス興商株式会社から2020年10月1日に商号変更)
本社所在地 福岡市博多区千代一丁目17番1号
代 表 者 代表取締役社長 佐藤 操
設立年月 1982年10月
資 本 金 4億円
株   主 西部ガス 100%
事業内容 不動産、商事、物流、スポーツ・健康

以 上