印刷

三井ホーム株式会社 西部ガス

三井ホームと西部ガスによる新サービス
「未来発電G with西部ガスソーラー」の提供開始について
〜家庭用燃料電池「エネファーム」を導入すると太陽光発電設備を無償で提供します〜

2021年1月14日
 
三井ホーム株式会社
西部ガス株式会社

 三井ホーム株式会社(本社:東京都新宿区、社長:池田 明、以下「三井ホーム」)と、西部ガス株式会社(本社:福岡県福岡市博多区、社長:道永 幸典、以下「西部ガス」)は、西部ガスの都市ガス供給エリア内※1で、三井ホームの新築戸建住宅を建設し、西部ガスが販売する家庭用燃料電池「エネファーム※2」を導入するお客さまを対象に、太陽光発電設備を無償で提供するサービス「未来発電G with西部ガスソーラー」(以下「本サービス」)を2021年1月15日から提供開始いたします。
 三井ホームと西部ガスは、本サービスを通じて、お客さまの快適な暮らしづくりに貢献していくとともに、省エネ・環境の保全といった社会的ニーズにお応えしてまいります。
1.本サービスの概要
  1. (1)エネファームを設置する住宅において、太陽光発電設備(4kW以上10kW未満)を無償で提供します。(エネファームの機器代と設置工事費ならびに太陽光発電設備の設置工事費は、お客さま負担となります。)
  2. (2)お客さまはエネファームと太陽光発電設備が発電した電気をご家庭で自由にご使用いただけます。
  3. (3)発電した電気のうち、ご家庭で使わなかった電気(余剰電力)は電力会社に売電されます。売電した収入については、10年間の契約期間中は、お客さまから西部ガスに譲渡していただきますが、契約期間満了後はお客さまの収入となります※3
2.本サービス導入によるお客さまのメリット
◆経済性: 太陽光発電設備を無償で導入できます。
また、「エネファーム」と太陽光発電のダブル発電により、購入電力量を減らし、光熱費を削減できます。
◆防災性: 晴れた日の日中には「太陽光発電設備」が発電。また、天候・時間帯を問わず「エネファーム」が発電を継続します※4。両設備を併設することで非常用電源としての対応力が高まります。
◆環境性: 国が推奨するZEH※5認証の取得に寄与します。

  • ※1 西部ガスの都市ガス供給エリアとあわせ、西部ガスグループの西部ガスエネルギー株式会社(本社:福岡県糟屋郡粕屋町、社長:金井 昌道)のプロパンガスが供給可能なエリアで三井ホームの新築戸建住宅を建設し、西部ガスエネルギーが販売するエネファームを導入するお客さまも本サービスの対象となります。
  • ※2 都市ガスから取り出した水素を空気中の酸素と化学反応させて発電し、その際に発生する熱を有効に利用してお湯をつくります。エネルギー利用効率が高く、発電時に発生するCO2を大幅に削減し、今までと変わらない快適な暮らしを送りながら、環境に大きく貢献できるコージェネレーションシステムです。
  • ※3 ・本サービス期間中は西部ガスと電力需給契約を締結していただきます。
    ・契約期間中、1kWh以上の蓄電池やハイブリッド給湯器、電気床暖房の設置はできません。

    ・エネファームおよび太陽光発電設備の所有権はお客さまに帰属し、それらに関わる固定資産税、保険料、および修繕費についてはお客さまのご負担となります。

  • ※4 エネファームが停電時に発電を継続するためには、停電発生時にエネファームが発電しており、ガスと水道が供給されている状態である必要があります。
  • ※5 『ZEHとは、快適な室内環境を保ちながら、住宅の高断熱化と高効率設備によりできる限りの省エネルギーに努め、太陽光発電等によりエネルギーを創ることで、1年間で消費する住宅のエネルギー量が正味(ネット)で概ねゼロ以下となる住宅のことです。(「経済産業省 資源エネルギー庁 省エネルギー対策課 ZEH普及に向けて〜これからの施策展開」より引用)』(参考:経済産業省 資源エネルギー庁ホームページ)
    https://www.enecho.meti.go.jp/category/saving_and_new/saving/general/housing/index03.html
≪ご参考≫本サービス提供会社の概要
企 業 名 三井ホーム株式会社 西部ガス株式会社
本店所在地 東京都新宿区西新宿2丁目1番1号 福岡県福岡市博多区千代一丁目17番1号
設立年月日 1974年10月11日 1930年12月1日
事業内容 ・建築物の設計、工事管理、工事請負
 など
・都市ガスの製造、供給、販売
・液化天然ガスの販売
・ガス機械器具の製作、販売、設置
 及びこれに関する建設工事

以上