印刷

西部ガス福岡地区「こども110番の車」
活動の実施および「開始式」について

平成23年1月6日

 西部ガスは、日頃より社会・お客さまとのコミュニケーションを深めるとともに、地域社会の一員であることを認識し、社会の健全な発展に貢献することを目的に各種活動に取り組んでおります。
 こうした中で、福岡地区でも登下校時や公園などでこどもが犯罪被害に遭う事件が多発していることから、危険からこどもを守る対応策として「こども110番の車」活動を新たに実施することとしました。(※具体的な取り組み内容については下記をご参照ください)
 弊社では、地域との関わりが強い企業の特徴を活かし、こどもたちが安全で安心できる地域社会を実現するために、地域と連携した活動を積極的に推進して参ります。
 なお、下記のとおり、弊社関係部署から約20名が参加して、当活動の開始式を開催しますのでご案内いたします。

1.  日時 平成23年1月11日(火)13:30〜14:30
2.   場所 福岡市博多区千代1丁目17番1号
パピヨン24 3F 8号会議室
3.   来賓 福岡市PTA協議会 会長 疋田 敏明様
福岡県警察本部 生活安全部 子ども・女性安全対策課 係長 山本 美恵子様
4.   内容  
  (1)代表者挨拶 /西部ガス株式会社  理事 福岡営業本部長 小車展生
(2)来賓挨拶 /福岡市PTA協議会 会長 疋田 敏明様
(3)特別講話 /福岡県警察本部 生活安全部 子ども・女性安全対策課 係長 山本 美恵子様
(4)ステッカー交付 /福岡営業本部長から関係部署の代表者に「ステッカー交付」

≪ご参考≫

「こども110番の車」活動の実施について

  1. 1.目 的

     近年、登下校時や公園などでこどもが犯罪被害に遭う事件が多発しています。このような危険からこどもを守ることは社会的な課題であり、地域社会と一体となった犯罪防止活動を行うことが重要となっています。
     こうしたなか、西部ガスの「安心・安全をお約束する企業活動」「社会とのコミュニケーションと社会への貢献」という企業行動指針を踏まえ、安全で安心できる地域社会の実現を目指すことを目的とし、「こども110番の車」活動を実施します。

  2. 2.活動内容

    ■弊社マーク付業務車両 約130台(※)に「こども110番の車」のステッカーを貼付し、犯罪の抑止に努めます。
    (※)福岡営業本部営業部、福岡営業本部お客さまサービスセンター、福岡導管保安センター、福北工場のマーク付業務車両

    ■こどもが「誘拐や暴力、痴漢」など何らかの被害に遭った、または遭いそうになったと助けを求めてきたとき、一時的に保護するとともに、警察・学校・家族などへ速やかに連絡するなどして、地域ぐるみでこどもたちの安全を守るパトロール活動を実施します。

  3. 3.開始時期

    平成23年1月11日(火)より開始

こども110番の車 ステッカー

「こども110番の車」ステッカー

こども110番の車

「こども110番の車」ステッカー貼付車

以上