印刷

「低カリウムレタス(ブランド名:健腎菜)」の販売を開始します

平成28年5月9日
 西部ガスグループのエスジーグリーンハウス株式会社(以下、「エスジーグリーンハウス」)(※1)は、5月20日から、「低カリウムレタス(ブランド名:健腎菜(けんじんさい)」の販売を開始します。
 低カリウムレタス「健腎菜」は、カリウム摂取を制限されている腎臓病の方でも生食ができるように、カリウムの含有量を一般的なリーフレタスに比べて約13%以下(※2)に抑えたレタスです。全国の腎臓病患者数は約1,330万人(※3)と言われており、今後の需要拡大が見込まれることから、エスジーグリーンハウスは、九州で初めて低カリウムレタスの水耕栽培事業を行うものです。
 「健腎菜」は、秋田県立大学の特許(※4)とパナソニック株式会社が保有する低カリウムレタス栽培技術(※5)を活用して、専用栽培棟(工期:平成27年3月〜平成27年12月)で栽培します。
 また、卸売契約を締結したメディカルドライブフーズ株式会社が、病院や薬局などに販売するとともに、一部はエスジーグリーンハウスが一般向けに、既存の「うるおい野菜」と同様に、百貨店、スーパーなどへの直販を検討しています。
(注)本事業の公表時(平成26年11月12日付)から事業スキームを見直しました
 西部ガスグループは、今後も、農薬を使わないレタスの栽培・販売を通して、食の安全・安心に貢献するとともに、地域社会・お客さまのニーズにお応えしてまいります。

以 上

  • ※1 「エスジーグリーンハウス」は平成19年から土を使わずにハウス内の水槽で野菜などを栽培する水耕栽培による農薬を使わないレタス(ブランド名:「うるおい野菜」)の栽培・販売事業を行っています
  • ※2 日本食品標準成分表2015年版(七訂)リーフレタスとの比較において
  • ※3 厚生労働省ホームページ掲載資料より
  • ※4 「低カリウム野菜を栽培するための水耕栽培用肥料およびその肥料を用いた低カリウム野菜の水耕栽培方法」(特許)を開発
  • ※5 詳細は、≪ご参考≫資料をご覧ください
             
≪ご参考≫

1.会社概要
《エスジーグリーンハウス株式会社の概要》
社     名 エスジーグリーンハウス株式会社
所  在  地 北九州市若松区響町一丁目26番3号
主な事業内容 リーフレタスの水耕栽培・販売
資  本  金 2億円(西部ガス100%出資)
代  表  者 代表取締役社長 関 光雄
設立年月日 平成19年 4月 3日
《メディカルドライブフーズ株式会社の概要》
社     名 メディカルドライブフーズ株式会社
所  在  地 福岡市中央区大名一丁目4番1号 NDビル
主な事業内容 医薬食品の販売・紹介
資  本  金 22百万円
代  表  者 岡部 正晴
設立年月日 平成28年3月30日
2.低カリウムレタス「健腎菜」の特徴
  • (1)低カリウム
    一般的なリーフレタスに比べカリウム含有量が約13%以下に抑えられており、腎臓病患者等、カリウム摂取に制限がある方も安心して食べられます。
  • (2)農薬不使用栽培
    農薬を必要としない密閉型のクリーンルームで栽培するため、洗わずそのまま食べられます。また、冷蔵保存で2週間程度は鮮度が保たれ、美味しく食べられます。
  • (3)エグミが少なく美味しい
    独自の栽培技術により、エグミが少なくマイルドな味わいを楽しめます。
低カリウムレタス「健腎菜」
3.事業スキーム
事業スキーム
4.施設の概要(栽培棟の建設について)
(1)建設地
北九州市若松区響町1-26-3
(西部ガス旧北九州工場跡地敷地内、既存栽培棟隣接地)
(2)主要施設
栽培棟1,538m2
(3)主要設備
完全人工光型植物工場システム ※注
(4)生産能力
3,500株/日
(5)建設費
約7億円
(6)栽培品種
低カリウムリーフレタス(品種:フリルアイス)
(7)スケジュール
・建設工期(平成27年3月〜平成27年12月)
・出荷開始(平成28年5月20日)
(8) 配置図:
配置図


※注 人工光型植物工場システムとは
低カリウムレタス「健腎菜」は、パナソニック(株)様が培ってきた、以下4点の技術などを融合した完全人工光型植物工場システムを活用し栽培します。同システムにより、消費電力を削減しながらも均質な栽培環境を提供し、栽培歩留りの大幅向上に貢献します。
また、同システムを活用した栽培方法においては、同社の独自ノウハウを用います(内容非公表)。

以上