印刷

株主・投資家の皆さま

株主さまとの建設的な対話に関する方針

  • (1)当社は、持続的な成長と中長期的な企業価値の向上のためには、株主総会の場以外においても株主さまとの対話を行うことで、株主さまの関心・懸念等に係る情報を収集し、経営に反映させることが重要との判断のもと、株主さまや投資家を対象とした説明会等を積極的に開催します。
  • (2)株主さまとの建設的な対話を推進するため、総務担当取締役を統括責任者として、体制整備や対話の充実に取り組みます。
  • (3)対話窓口部署を総務広報部とし、対話(面談)内容に応じて、経営企画室、経理部等の担当部署が協力して対話(面談)の充実と、株主さまの理解の促進を図ります。
  • (4)株主さまや投資家を対象とした説明会等において、寄せられた株主さまからの要望等は、適宜・適切に経営層へ報告を行います。
  • (5)対話窓口部署及び経営企画室、経理部等の各部署は、対話にあたり公開情報と非公開情報を明確に区分し、共有化することにより不適正な情報開示の防止に努めます。