印刷

株主・投資家の皆さま

コーポレートガバナンス

当社のコーポレート・ガバナンスの状況は以下のとおりです。

コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方

当社は、公正かつ誠実な事業活動を通じて、企業の社会的責任を果たすとともに急速に変化する事業環境に的確に対応し、株主をはじめとするステークホルダーの皆さまの信頼に十分にお応えできるようガバナンスの強化に努めている。

内部統制に係る体制整備の基本方針

1. 内部統制システムに関する基本的な考え方及びその整備状況

当社は、取締役の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制その他当社及び子会社の業務の適正を確保するために必要な体制(内部統制システム)を以下のとおり整備し運用する。

  1. 1.取締役の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制
    • (1)当社は、執行役員制度を導入し職務執行と監督の分離を行うとともに、取締役の職務執行に対する取締役会の監督機能を高めるため、監査等委員会設置会社を採用する。
    • (2)取締役は、経営理念に基づいて定めた企業行動指針に従い、誠実かつ公正な事業活動を推進する。
    • (3)取締役会は、その権限等の明確化を図り、取締役の職務執行を有効に監督するため取締役会規程を定める。
    • (4)取締役会は、監査等委員会が助言及び勧告を行った場合には、これを尊重する。
    • (5)当社は、内部統制システムを適切に整備・運用することを目的に内部統制推進委員会規程を定めるとともに、社長を委員長とする内部統制推進委員会を設置し、重要事項の報告や審議等を行う。
    • (6)内部統制システムの整備・運用の統轄管理については、法務コンプライアンス部が行う。
    • (7)内部統制システムの整備・運用状況の内部監査については、各業務執行部門から独立した監査部が行い、社長に報告する。
  2. 2.取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する体制
    • (1)取締役の職務の執行に係る情報については、取締役会規程、文書規程等に従って議事録、りん議書その他定められた文書を作成し、定められた期間これを保存及び管理する。
  3. 3.損失の危険の管理に関する規程その他の体制
    • (1)当社は、リスク管理規程を定め、リスク管理主管部門において当社の業務遂行に伴うリスクを適切に管理する。
    • (2)当社は、経営で管理する重要リスクを定め、内部統制推進委員会において全社的に管理する。
    • (3)災害その他非常の場合の措置については、保安規程、防災に関する計画等に従い所定の体制を整備するとともに教育及び訓練を実施し、迅速かつ適切な対応を図る。
  4. 4.取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制
    • (1)当社は、取締役の職務の執行を効率的に行うために、職制規程、業務分掌規程、職務権限規程等を定め、職務権限及び意思決定ルールを明確にする。
    • (2)経営に係る重要事項に関しては、事前に、社長を議長とする経営会議で審議の上、取締役会で決議し、執行する。
    • (3)取締役は、取締役会規程に従い、業務の執行状況について取締役会に報告する。
  5. 5.従業員の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制
    • (1)当社は、コンプライアンス規程を定め、従業員に対してコンプライアンスの徹底を図る。
    • (2)当社は、従業員が職務執行に関し重大な不正行為や会社に著しい損害を及ぼすおそれのある事実を発見した場合に、通常の報告ルートのほかに内部通報や相談を行うことができる窓口を設置する。
    • (3)法務コンプライアンス部は、コンプライアンス体制・通報相談窓口の整備・運用を統轄管理する。
  6. 6.当社及び子会社から成る企業集団における業務の適正を確保するための体制
    • (1)当社は、主要な子会社の当社にとって重要事項を取締役会で決議する。
    • (2)当社は、関係会社管理規程を定め、子会社に対し経営状態の定期的な報告を求めるとともに、経営に係る重要事項について事前協議を行う。
    • (3)当社は、社長を委員長とし主要な子会社の社長を委員とするグループコンプライアンス委員会を設置し、重要事項の報告や審議等を行う。
    • (4)関連事業部は、子会社の統轄管理部門として、子会社の経営状態の把握及び重要度に応じた助言等を行う。
    • (5)法務コンプライアンス部は、内部統制推進委員会の決定に基づき、子会社の規模や業態に応じたリスク管理及び権限や組織等の体制が適切に整備・運用されるよう、助言や支援を行う。
    • (6)法務コンプライアンス部は、グループコンプライアンス委員会の決定に基づき、子会社の規模や業態に応じたコンプライアンス体制が適切に整備・運用されるよう支援を行う。
    • (7)監査部は、子会社の内部統制システムの整備・運用状況について、子会社の重要度等に応じて内部監査を行う。
  7. 7.監査等委員会の職務を補助すべき従業員に関する事項
    • (1)当社は、監査等委員会の職務を補助する専任の従業員を監査等委員会事務局に配置する。
    • (2)監査等委員会の職務を補助する専任の従業員の人事関連事項の決定にあたっては、監査等委員会の同意を得る。
    • (3)監査等委員会の職務を補助する専任の従業員への指揮命令は、専ら監査等委員会が行う。
  8. 8.監査等委員会への報告に関する体制
    • (1)当社は、監査等委員が経営会議その他主要な各種委員会等に出席し、重要な決定や報告を把握できることを確保する。
    • (2)取締役(監査等委員である取締役を除く。)は、重大な法令・定款違反及び不正行為の事実、又は当社及び子会社に著しい損害を及ぼすおそれのある事実を発見したときは、直ちに監査等委員会に報告する。
    • (3) 当社及び子会社の取締役・従業員等は、当社の監査等委員会から職務執行に必要な事項に関して報告を求められた場合には速やかに応じる。
    • (4)法務コンプライアンス部は、内部統制システムの運用状況並びに当社及び子会社の取締役・従業員等から受けた内部通報について定期的に当社の監査等委員会に報告する。
    • (5)当社は、監査等委員会へ報告した当社及び子会社の取締役・従業員等に対し当該報告を行ったことを理由とした不利な取扱いを行うことを禁止し、その旨を当社及び子会社の取締役・従業員等に周知徹底する。
  9. 9.その監査等委員会の監査が実効的に行われることを確保するための体制
    • (1)当社は、監査等委員の職務の執行について生ずる費用等を確保するため毎年一定額の予算を設け、監査等委員会の請求に応じてこれを支出する。
    • (2)当社は、監査等委員会が会計監査人、監査部及び子会社監査役等と連携し、監査等委員会の監査が実効的に行われることを確保する。

2. 反社会的勢力排除に向けた基本的な考え方及びその整備状況

当社の反社会的勢力排除に向けた基本的な考え方及びその整備状況については、以下のとおりである。当社は企業行動指針において、反社会 的な個人・グループへの利益となる行為を禁止し、また、内部統制に係る体制整備の基本方針に関する取締役会決議のなかで、同指針に従い、 誠実かつ公正な事業活動の推進を図るとともに、従業員に対してコンプライアンスの徹底を図ることとしている。反社会的な個人・グループからの 不当要求に対応するため、本社・各地区においては対応統轄部門を定め、警察等の外部専門機関とも緊密な連携関係の構築を図るとともに情 報交換を行い関連情報の収集に努めている。

コーポレート・ガバナンス体制図

コーポレート・ガバナンス体制図