原料費調整制度に基づくガス料金単価の調整
(平成16年10〜12月検針分)

平成16年7月29日

 本日、平成16年4〜6月のLNG等輸入価格(貿易統計値)が発表されました。原料費調整制度に基づき、原料価格の変動が基準原料価格の5%(調整バンド)以内に収まったため、基準単位料金(平成13年6月改定)に対する調整は行われないこととなりました。
 これにより、平成16年10〜12月検針分のガス料金は、7〜9月検針分に対して1m(13A:46.04655メガジュール)あたり1.4490円(消費税込み)の値上がりとなります。
 この結果、1カ月に40m(13A)のガスをお使いになるモデル家庭では、7〜9月検針分に比べてガス料金が58円(消費税込み)上がります。
 平成16年10〜12月検針分に適用するガス料金は、9月の検針票であらかじめお客さまにお知らせいたします。

1. 平均原料価格(10円未満の端数は四捨五入)
  平成16年1〜3月 平成16年4〜6月 基準平均原料価格
LNG平均輸入価格
(貿易統計値)
26,890円/トン 28,140円/トン  
LPG平均輸入価格
(貿易統計値)
37,300円/トン 36,930円/トン  
平均原料価格
(LNG換算)
27,390円/トン 28,310円/トン 29,070円/トン
※ 平均原料価格 = LNG平均輸入価格×0.7808 + LPG平均輸入価格×0.1715
 
2. 原料価格変動額(100円未満の端数は切り捨て)
28,310円/トン − 29,070円/トン =  ▲700円/トン
  ※ 1〜3月の変動額は▲1,600円/トンでした
 
3. 調 整 額
原料価格変動額が調整バンド(1,450円/トン)を超えないので、従量料金単価の調整はありません。
 
4. 従量料金単価(基準単位料金に調整額を加算し、小数第3位以下の端数は切り捨て[消費税加算前])
13A地区
(46.04655メガジュール)
7〜9月検針分(a) 10〜12月検針分(b) 影響額(b-a)
料 金 表 A 200.6025円
(191.05  円)
202.0515円
(192.43  円)
+1.4490円
(+1.38円)
料 金 表 B 185.8710円
(177.02  円)
187.3200円
(178.40  円)
料 金 表 C 171.1710円
(163.02  円)
172.6200円
(164.40  円)
料 金 表 D 168.5460円
(160.52  円)
169.9950円
(161.90  円)
 ※ 上段:消費税込み、下段:消費税別
 
5. ガス料金への影響(モデル家庭の1カ月ご使用例)
1カ月ご使用量
(46.04655メガジュール)
7〜9月検針分(a) 10〜12月検針分(b) 影響額(b-a)
40m 8,379円
(7,980円)
8,437円
(8,036円)
+58円
(+56円)
上段:消費税込み、下段:消費税別
 モデル家庭は、一戸建住宅の厨房、風呂および給湯(台所、洗面所、シャワーの3カ所給湯)を中心にご使用いただいているお客さま(家族構成:夫婦と子供2人の4人世帯)とし、これを当社管内の使用実態に合わせて算定しました。

《ガス料金の計算式》
 ガス料金 = [基本料金(税抜)+使用量×従量料金単価(税抜)]+[消費税等相当額]
 ※[ ]内で円未満を切り捨てます
 
 
以上