印刷

三井グリーンランドに
常設展示場「ヒナタキッズ」をオープンします

平成19年7月20日

 当社は7月21日(土曜日)、三井グリーンランド(熊本県荒尾市、7月21日よりグリーンランドに改称予定)遊園地内に、常設展示場「ヒナタキッズ」をオープンします。
 施設内では、子ども達にガスについて楽しく学んでもらうために、子ども達が小さくなって「ガスの世界を探検する」という想定で、工場から送られた都市ガスがご家庭で利用されている場面を通して、ガスのある暮らしが体感できるようになっています。

(1)
工場のガスタンクと地中のガス管をイメージした入り口と通路を通って中へ進みます。
(2)
巨大なバスルームとリビングがあり、リビングの床下ではポリエチレン製のガス管でできたジャングルジムなどで遊べます。
(3)
キッチンへ進むと大きな中華なべのトランポリンがあり、子ども達が飛び跳ねる様子と実際の調理画像が合成されて、本当に調理されているように見えます。
(4)
保護者の方がゆったりと休憩できるスペースでは、ガス温水式床暖房の快適さを体感していただきながら、子ども達とポリエチレン製のガス管を使った楽器や玩具で遊んでいただけます。なお、授乳室を併設しています。

「ヒナタキッズ」はヤングファミリーを中心とした多くの方々に、豊かで快適な暮らしに欠かせないエネルギーであるガスをPRし、「ガスファン」の創出につなげます。

■「ヒナタキッズ」の概要

規模・面積
鉄骨造地上1階、約460平方メートル(約139坪)
工   期
4月中旬 〜 7月上旬
投 資 額
約3億円(建物、展示物等の合計)
以上