印刷

原料費調整制度に基づくガス料金単価の調整
(平成19年10〜12月検針分)

平成19年7月30日

 本日、平成19年4〜6月のLNG等輸入価格(貿易統計値)が発表されました。当社は原料費調整制度に基づき、原料価格の変動が基準平均原料価格の5%(調整バンド)を超えたため、基準単位料金(平成18年4月改定)に対する調整を行うこととなりました。
 平成19年10〜12月検針分のガス料金単価は、7〜9月検針分に比べ1mあたり1.23円(消費税込み)、標準家庭(23m3/月)においては月額28円(消費税込み)の値上がりとなります。
 平成19年10〜12月検針分に適用するガス料金は、9月の検針票であらかじめお客さまにお知らせいたします。

1. 平均原料価格(10円未満の端数は四捨五入)

  平成19年
1〜3月
平成19年
4〜6月
基準平均
原料価格
LNG平均輸入価格(貿易統計値) 43,270円/トン 44,540円/トン  
LPG平均輸入価格(貿易統計値) 67,600円/トン 69,470円/トン  
平均原料価格(LNG換算) 46,760円/トン 48,120円/トン 43,510円/トン
※平均原料価格 = LNG平均輸入価格×0.8839 + LPG平均輸入価格×0.1260

2. 原料価格変動額(100円未満の端数は切り捨て)

48,120円/トン − 43,510円/トン = 4,600円/トン

3. 調整額

原料価格変動額が+4,600円となり調整バンド(2,180円)を超えているので、従量料金単価を調整します。

1m3あたり+4.057円

(算 式)0.084円(100円あたり調整額)×(4,600円/100円)×1.05
※ 7〜9月検針分の調整額は1m3あたり+2.822円

4. 従量料金単価(消費税込み)

(基準単位料金に調整額を加算し、小数第3位以下の端数は切り捨て)

  7〜9月検針分(a) 10〜12月検針分(b) 影響額(b-a)
料金表 A(0〜15m3 210.31円 211.54円 +1.23円
料金表 B(16〜30m3 195.59円 196.82円
料金表 C(31〜100m3 181.94円 183.17円
料金表 D(101m3以上) 176.90円 178.13円

5. ガス料金への影響(標準家庭の1カ月ご使用例、消費税込み)

1カ月ご使用量 7〜9月検針分(a) 10〜12月検針分(b) 影響額(b−a)
23m3 5,590円 5,618円 +28円
《ガス料金の計算式》ガス料金 = 基本料金(税込み)+従量料金単価(税込み)×使用量
※1円未満の端数は切り捨て
以上