お問い合わせ

メニュー閉じる

MY PAGEマイページはこちら

INTRODUCTION社員紹介

「なぜそうなるのか」常に考える

[うる] 家庭用営業 成富 倫子(文系)/2014年入社 文学部 外国語学科英語専攻卒

CAREER STEP

 

勤続年数

部 門

勤務地

仕事内容

  1年目〜4年目 営業部門(家庭用) 福岡 工務店さま、不動産管理会社さま、エンドユーザーさまへの都市ガス化提案営業
 

PICK UP!

5年目〜
営業部門 福岡 住宅地におけるタウンマネジメントを中心としたソリューション営業

01

西部ガスのここが好き!!

西部ガスの「人」が好きです。社員は皆、仕事とプライベートをどちらも大切に出来るような魅力的な人ばかりですし、社員同士の繋がりが強く、社内の風通しはとてもいいと思います。

02

学生時代は、
どのように過ごされていましたか?

大学では、学部での勉強、サークル活動、アルバイト等で毎日忙しく過ごしていました。たった4年間しかないなら、やってみたいと思ったことは出来る限り挑戦しようと決めていたので、例えばアルバイトでも短期を含め10種類近くの仕事を経験しましたし、サークル活動の中ではあえて苦手なことにチャレンジしたりもしました。
様々な活動を行う中で、全力で楽しむのはもちろんですが、「将来の自分にとってこの経験がどのように役に立つか」をいつも考えていました。その甲斐もあって、大学生から社会人という大きな環境の変化にも、それ程抵抗がありませんでした。

03

西部ガスを選んだ
理由について教えて下さい。

就職活動を始めたころは、地元九州で就職したいというぼんやりとした希望はありましたが、まさか西部ガスに入社するとは思っていませんでした。そんな私が「ここで働きたい!」と思えたきっかけは、名前を知っている会社というだけの理由でなんとなく参加した学内セミナーでした。説明の中で感じ取ることが出来る会社に対する熱い想いに、大きな衝撃を受けたのを今でもよく覚えています。「私もここでこの人たちと一緒に働きたい!」という直感が働き、事業内容等もしっかり把握できていないうちにエントリーシートを書き始め、そこからは西部ガスに一直線でした。

04

入社前と入社後の
ギャップはありましたか?

入社前、自宅が西部ガスを使用していたこともあり、ガス=西部ガスが当たり前なのだと思っていました。入社して最初の仕事は集合住宅の他燃料切替。想像以上に西部ガス以外のお客さまと出会うことが多く、インフラ会社とはいえお客さまが西部ガスを利用してくださるのは、決して当たり前ではないのだと知りました。実際に職場では、様々な業種のお客さまが抱えるお困りごとに対して、いろんな角度から解決策を考える先輩がいたり、全く新しい切り口で営業方法を探す部署もあったり、一人一人が考えて行動している姿がとても印象的でした。

05

あなたの仕事内容を教えて下さい。

「まちづくり」をしています。なぜガス会社がまちづくり?と思われるかもしれません。この仕事は、約10年前に戸建団地のタウンマネジメントとして始まりました。新しく開発される戸建の住宅地において、行政やハウスメーカーさま、ディベロッパーさまと協力しながらコンセプトに合うまちをつくるお手伝いをします。住民が住み始めてからも、まちの管理人を配置し、住民同士のコミュニティ形成にも寄与します。開発計画段階から住民が住み始めてからも関わり続けることで、住宅地全体の都市ガス化を狙いとしています。実際に家を販売するハウスメーカーさまに営業する部隊もいますが、より上流での営業活動とも言えます。
当初は「新築住宅市場の都市ガス化」を目的とした活動のみでしたが、今では既存のまちへの仕掛けも検討しています。まちが抱える課題は様々で、それらを地域密着企業として解決しながら地域活性化ができないか考えています。新しい取り組みなので答えはありませんが、日々メンバーで知恵を出しながら少しずつ進めているところです。

06

印象に残っている仕事、
お客さまとのエピソードについて
教えて下さい。

今動かしているとあるプロジェクトがあります。新聞記事に掲載されていた小さな特集を見て、まちづくり業務と親和性が高いと感じ、出版されている本を読んだり、直近に開催されたセミナーに参加し、関係者に会いに行きました。当社の事業の紹介や想いをお話しすると、非常に共感してくださり、ぜひ一緒に取り組みを進めましょうという心強い回答をいただきました。当社のまちづくり事業におけるパートナーとして力を貸していただくということはもちろん、先方の夢や目標の達成に向けて、当社だからこそ出来る事があるとも感じています。まだ道半ばではありますが、思いを受け止めてくれた先方と、チャレンジの後押しをしてくれた会社のためにも、この先必ず形にしたいと考えています。

07

仕事のやりがいについて
教えて下さい。

この仕事をしていなければ絶対に出会うことが無かった人たちとの出会いが、仕事のやりがいにつながっています。この仕事は西部ガス単体では取り組めないことの方が多いため、社外の様々な人と協力しながら進めています。まちづくりに取り組んでいる人は、個人からNPO法人、企業など多岐に亘ります。どうしたらこの地域がもっと住みやすくなるか、どうしたら社会課題を解決できるか、いつも前を向いてポジティブに物事を捉える人たちが多く、刺激的です。そんな人たちとチームを組む中で、地元のインフラ企業として、西部ガスには何ができるか?求められているものは何か?と考え実行していくことが、とても面白いと感じています。

08

今までのキャリアとこれからの
キャリアプランについて教えて下さい。

最初の部署は家庭用営業の最前線で、現場に出向き住宅におけるガス工事について学びました。西部ガスが大切にしてきた基本の営業だったと思います。今は、新しい切り口で市場を開拓していく部門に所属しています。部署ごとに役割こそ異なりますが、目的は同じだと思っていますし、関係ないようで実は今の仕事にも前職場での知識が役に立っています。今頑張ることが必ず次につながると実感しました。今後どの部署に行っても、自分にできる精一杯の力を尽くし、家庭と両立しながら、仕事を面白くする人財になりたいと思います。

こんな人と働きたい!

常に目標を持ち、それに向けてコツコツ努力出来る人と一緒に働きたいです。大学受験や就職活動という難題があるうちはそれに向けて様々な活動を行うでしょうが、社会人になったら特に何もありません。社会人になっても成長し続け貢献するためには、いつも自分で何か目標を設定し達成に向けて試行錯誤していく必要があると思うのでそれが出来る主体性のある人と働きたいです。

SCHEDULE1日のスケジュール

6:30
起床
8:30
出社
9:00
打合せ準備
10:00
社外打合せ
12:00
昼休み
13:00
社外打合せ
15:00
帰社、資料作成
17:00
社内打合せ
18:00
退社
23:00
就寝