お問い合わせ

メニュー閉じる

ENTRYエントリーはこちら

仕事と人を知る

内定者ボイス

[理系] 工学府 地球資源システム工学専攻:相川 明日希

学生時代はどのように過ごしていましたか?

授業や研究の合間を縫って、サークル活動やアルバイトに励んでいました。特にアルバイトでは、大学1年時からの講師を続け、4年目にはスタッフという役職に選ばれ、講師としてだけではなく、現生徒との3者面談等も任されるようになりました。任された当初は上手くできずに苦労しましたが、その原因を考え修正していくことで次第に改善することができました。この経験から自分なりに工夫をすることで仕事を円滑に進めていく大切さを学ぶことができました。

就職活動中の企業選びの「軸」について教えて下さい。

就職活動中の軸は2つありました。1つ目は「地元である九州で働くこと」です。生まれ育った地元九州に貢献できる様な仕事がしたいと思い、就職活動を行っていました。
また、2つ目は「会社・職場の雰囲気」です。自分が仕事を続けていくうえで、会社や職場の雰囲気が重要であると考えていました。
インターンシップや会社説明会などでは、社員1人1人の人柄なども確認しながら進めていました。

説明会や選考を通じて、西部ガスに抱いた印象を教えて下さい。

会社の雰囲気の良さです。説明会や社員との面談の中で、多くの社員の方とお会いしました。どの社員の方からも仕事への熱意を感じ、更に質問に真摯に対応してくれる姿から社風を感じました。
また選考の際には話しやすい雰囲気があり、ありのままの姿で臨むことができました。

西部ガスを選んだ理由を教えて下さい。

西部ガスに決めた理由は、私の就職活動での軸が一致したからです。
生まれ育った九州という地で人々の生活に欠かせないガスを届け、地元九州の生活を根底から支えることができるという点に魅力を感じました。
また、最初何気なく参加したインターンシップで仕事のやりがいや会社の雰囲気の良さを感じることができ、説明会や座談会などを重ねていく中で私もこの会社に入り一緒に働いてみたいと思ったことが決め手になりました。

入社後の目標を教えて下さい。

入社後は常にお客さまの事を頭に浮かべて仕事に取り組み、多くの人々の生活を支えていきたいです。
その中でいろいろな業種に携わっていき、自分のスキルというものを高めていきたいと思っています。
また、説明会や選考の際に感じた「人柄の良さ」という魅力をさらに高めていくために、社員だけでなくお客さまや社外でのコミュニケーションを大切にし、様々な人々から信頼して仕事を任せてもらうことができるような社会人になりたいです。