お問い合わせ

メニュー閉じる

ENTRYエントリーはこちら

仕事と人を知る

内定者ボイス

[文系] 法学部 法律学科:前田 和哉

学生時代はどのように過ごしていましたか?

学生時代はアパレルでのアルバイトに勤しみました。お客様に喜んで買い物を楽しんで頂けるよう店舗運営に携わり、店舗、スタッフのマネジメントを行いました。売り上げを意識して運営したのは初めてで戸惑いもありましたが、アルバイトとしてできることを日々考え行動していました。この経験から人を動かすことの難しさと同時にやりがいを感じることができ、何よりお客様が笑顔でお店を後にする姿を見ることができ楽しんで仕事ができていました。

就職活動中の企業選びの「軸」について教えて下さい。

私の就職活動の軸は2つありました。1つ目は「人々の生活の役に立つ仕事がしたい」です。日々の生活の中で、お客様の生活を豊かにできる仕事に携わりたいと思っていました。2つ目は「熱い想いをもって仕事がしたい」です。私は高校時代の部活動や大学時代のアルバイトなど、何事にも熱い気持ちを持って挑戦してきました。社会人になっても熱い想いを持ち様々なことに挑戦したいと思っていました。

説明会や選考を通じて、西部ガスに抱いた印象を教えて下さい。

冬のインターンシップ、各説明会、座談会に参加し、多くの社員さんと交流する機会がありましたが、どの社員さんも仕事と熱く向き合い、尊敬する方ばかりだったことを今でも印象に残っています。その時私も西部ガスの一員として九州を盛り上げていきたいと思いました。また選考は私の就職活動の中で一番自分が出せた面接だったと思います。和やかな雰囲気でリラックスして面接に臨むことができました。

西部ガスを選んだ理由を教えて下さい。

西部ガスを選んだ理由は2つあります。1つ目は地元九州の役に立てると思ったからです。私が生まれ育った地元九州の人たちに少しでも多くの笑顔を届けたいと思いました。2つ目は自分が働くイメージが1番できた会社だったからです。各イベントに参加させて頂き、たくさんの社員さんの働き方、想いを生で拝見することができました。私も同じ想いを持ち頑張りたいと思っていたので、内定を頂いた時はとても嬉しかったことを今でも鮮明に覚えています。

入社後の目標を教えて下さい。

お客様から圧倒的な信頼を頂けるような人間になりたいと思います。信頼を頂くには何をしたら喜んで頂けるか、満足して頂けるか理解した上で行動することが必要だと思います。持ち前の行動力で様々なことに挑戦し、お客様に西部ガスを選んで心から良かったと思って頂けるような行動を取りたいです。ひいては、私が西部ガスを選んだきっかけでもある「人」の一員になり、西部ガスらしさを世界中に伝えていきたいと思っています。