HOME >> ガス安全ガイド >> おこまりのときは >> 停電時のガス機器の利用について

停電時にご注意いただきたいこと

ご業務用のお客さまへのお願い 停電時におけるガス機器のご使用方法および注意点

日頃より、都市ガスをご利用いただきありがとうございます。
停電時におけるガス機器のご使用方法および注意点を紹介させていただきます。
安全にガス機器をお使いいただくために、ぜひご一読ください。

停電時のお願い

ガス機器は使用しないでください

● 換気設備(換気フードや換気扇)が作動しません

停電中のガス機器使用については換気設備が作動せず、排気ガスが室内に 滞留し一酸化炭素中毒を起こし、事故につながる場合があります。 お客さまの安全確保の観点から、停電中は、ガス機器の使用は中止して いただきますようお願いいたします。

停電により換気設備が作動しないため、一酸化炭素中毒を起こす危険があります。

● ガス警報器が作動しません

AC100V電源を使用しているため、ガス警報器は作動しません。
万が一厨房内でガスが漏えいした場合でも、検知できず危険です。
 
※AC100V電源が復旧すると使用可能となります。

● 照明がつきません

停電中は照明がつかないため、ガス機器の操作を誤ったり、 やけどをする危険があります。

停電終了後のお願い

ガス機器使用中は必ず換気してください

停電復帰後にガス機器を使用する場合は、必ず換気設備が稼動している ことを確認してください。換気設備が停止している状態でガス機器を 使用すると、 一酸化炭素中毒を起こし、事故につながる場合があります。

※ビルなど共同換気を行っている建物では、特に注意してください。

節電時についてのお願い

換気設備の稼動を確認してください

換気設備の使用を制限されると、ガス機器の燃焼に必要な新鮮な空気が 確保できず、 一酸化炭素中毒を起こし、事故につながる可能性があります。
 
※ガス機器の使用中は必ず換気をしてください。

もしも次のような事が起きたら・・・

● ガス機器使用中に「不快な臭い」「目がチカチカ」「気分が悪い」

一酸化炭素中毒の恐れがあります。すぐにガス機器の使用を中止して、 十分に換気を行ってください。
 
※業務用換気警報センサーの警報が鳴った場合も同様に換気してください。

● ガス漏れが起きた、または、ガス臭いとき
  • 火気は絶対に使用しないでください。換気設備、電灯等のスイッチは絶対に入れないでください。
  • 窓を大きく開けて、新鮮な空気を取り入れてください。
  • お客さまへガス漏れをお知らせし、安全な場所へ避難誘導してください。

ガス漏れ専用電話「0919クイック」へご連絡ください!

ガス機器に関するお問い合わせ窓口

お客さまサービスセンター

ナビダイヤル0570-000-312 ナビダイヤル

受付時間 月曜日〜金曜日(祝日除く) 9:00〜19:00
  土曜日(祝日除く) 9:00〜17:00