西部ガス ソーシャルメディア・ポリシー

 西部ガスは、ソーシャルメディアを、利用者の方々と対話・意見交換できる貴重な媒体と考え、情報開示、商品・サービスの紹介、お問い合わせなど、利用者の方々との対話に利用していこうと考えています。当社は今回、西部ガスのソーシャルメディアの運営方針や取り組み姿勢をご理解いただき、皆さまに安心して交流いただけるよう「西部ガス ソーシャルメディア・ポリシー」を策定しました。公式アカウント採用後は、本ポリシーのもと、ソーシャルメディアを通じて多くの方々と有意義に交流できるよう努めてまいります。

ソーシャルメディアを利用するにあたっての基本姿勢

1.企業としての社会的責任(CSR)を全うします

西部ガスは、自らの企業活動を正しく理解していただくため、企業情報を積極的 かつ公正に開示し、経営の透明性を高めるとともに、社会とのコミュニケーションを推進します。ソーシャルメディア上での活動においても、西部ガス企業行動指針に基づき、姿勢の良い企業・社員としてお客さまや株主さまはじめ社会の皆さまとのコミュニケーションに努めます。

2.個人情報を適切に管理します

ソーシャルメディア上で実施するプレゼントキャンペーンやアンケートなどによって、西部ガスが収集した利用者・お客さまの個人情報は、収集した目的に沿ってのみ利用します。その目的の範囲を超えて個人情報を利用することはありません。なお、西部ガスの個人情報保護方針は、ホームページをご参照下さい。

3.適切な教育を受けた社員によって発信します

西部ガスは、必要な社内教育を受けたものが組織の責任者の統括の下に、継続的にソーシャルメディアの適切な運営に取り組みます。

4.ソーシャルメディアご利用の皆さまへのご案内・お願い

公式アカウントを運営する西部ガス従業員がソーシャルメディアにおいて発信する情報は、必ずしも当社の公式発表・見解を表すものではありません。公式の発表・見解の発信は、当社ウェブサイトおよびプレスリリースなどで行っています。