花を愛で、季節を感じ、感性を育む。

桜は古くから私たちの身近にありました。

 桜と聞いて多くの人が思い浮かべるのがソメイヨシノ。成長が早く育ちやすい、若木の時期から花が咲くなどの特長を生かし、明治時代になってから各地で植えられるようになったのだとか。でも、実は国内には300種類以上もの桜があるのだそうです。日本に古くから存在していた野生の桜はおよそ10種類ほどですが、それらが次々と交配することでどんどん新しい品種が生まれたのです。
 意外ですが、桜はバラ科の植物。そう言われてみると、ピンク色の花も、ヤエザクラのように花弁の数が多い品種も、どことなくバラを彷彿とさせる姿が印象的です。
 そんな桜は、日本人ときってもきれない深い関係にあります。かつて、農家では畑に種をまいたり田植えの準備を始める目安となったのがヤマザクラの開花でした。万葉集などの古い書物にも、桜を取り上げたものが数多く残されています。
 桜を使った言葉が多いのも、その象徴と言えるでしょう。冷え込んだ春の日を「花冷え」。この時期ならではの曇りの日を「花曇り」。満開の桜で夜でも周囲がほんのり明るく見えるさまを表す「花明かり」。これらの『花』とはすべて桜のこと。桜にまつわる美しい日本語は、他にもたくさんあります。


 ところで、桜には国の天然記念物に指定されている、いわゆる “名桜”と呼ばれる存在があります。そのひとつが長崎県大村市にある『大村神社』のオオムラザクラ。ソメイヨシノとは趣を異にする花弁の多さとあでやかな桃色の花は、4月上旬から見頃を迎えます。




【その1】
約300本のオオムラザクラを鑑賞できます

がく片が10枚、花弁は多いもので200枚にも及ぶというオオムラザクラ。ソメイヨシノの後に開花する優美で気高い花は、名桜中の名桜と呼ばれています。

【その2】
公園は『日本さくら名所100選』に選ばれています

玖島城(くしまじょう)の跡地に整備された大村公園は『日本の歴史公園100選』にも選定。かつての城の姿を彷彿とさせる雄々しい石垣に映える桜は、まさに日本の春の風景そのものです。

【その3】
『板敷櫓(いたじきやぐら)』や『二重馬場(ふたえばば)』が桜の絶景スポットです

絶景スポットといえば、桜の開花時期に開放されている『板敷櫓』。満開の桜と園内の様子を見下ろすことができます。『二重馬場』では約200mの通路で桜のトンネルを楽しめます。

【その4】
4月1日に『さくらカフェ』を開催!

園内で開催される桜まつりのイベントで、4月1日に『さくらカフェ』を開催。長崎街道の歴史にちなみ、さまざまなスイーツの販売や音楽イベントなどが行われます。

※大村神社の両側にあるのが“国指定天然記念物”のオオムラザクラです。




大村公園
長崎県大村市玖島1-43
TEL.0957-53-4111(大村市観光振興課)
<アクセス>長崎自動車道大村ICから車で約15分/JR大村駅からバスで約10分



【あわせて読みたい】
桜&菜の花スポット